· 

2016.6.お豆腐ラボとしてスタート。「東洋食品工場見学」

西原にある東洋食品さんでお豆腐の工場見学をさせていただきました。

原料となる大豆はなるべく国産大豆を、しかも広島産の大豆を使っていこうという取り組みをされています。世羅や三次が主な産地のようです。
工場見学の前に国産大豆と輸入大豆の違いを見せていただいたり、にがりを舐めてみたりの体験も。

大豆といっても、豆腐に適した品種というのがあるらしく佐賀県のフクユタカが最適とされています。それを広島の土壌で育てたサチユタカという品種を多く栽培出来るような取り組みもされています。こんなに大豆のことを学んだ日はなかったな〜。隠すことなんてなんにもないんですと、私たちの質問攻撃にも丁寧にわかりやすくお答えしてくださいました。

広島産の大豆で作られたお豆腐と、味は同じなのに規格外で廃棄される野菜を農家さんに少しでも還元出来る仕組み。そんな素敵なプロジェクトの一員として関わらせていただきます。

秋に向けて、お豆腐発信、野菜発信が増えるのではないかと。

お豆腐生活をはじめて、少しですが体重も落ち、イソフラボン効果も期待しつつ、笑顔の食卓作りに向けて出来る限りのお手伝いをしたいと考えました。

工場の最後は、パック詰めされたお豆腐が、プールにドボン!!の瞬間は面白すぎました。

 

実施日:2016年6月

 

(レポート担当 キッチラボ山口)