· 

賞味期限と消費期限

キッチラボ佐々木です。

私は『食品表示診断士』という資格を持っています。

 

…がたいていの場合、名刺交換すると

『これはなんですか?』とか『初めて見ました』と言われます。
まだまだ知名度の低い食品表示診断士。

 

加工食品のパッケージの裏に原材料や保存方法がありますが、食品表示法など各種の法律で項目が決められていて、そのチェックやアドバイスをしています。ここでは見かけるけどよく分らんという食品表示のお話をします。

                            

一番よく見る表示と言えば『賞味期限』と『消費期限』だと思いますが、この違いをご存知ですか?

 

『消費期限』はあまり日持ちがしなくて、この期日を過ぎたら食べないでという食品についています。

コンビニのおにぎりやサンドイッチなどで見かけると思います。

 

『賞味期限』は消費期限の商品より日持ちする商品についていて、風味や品質の変化なく食べられる期間です。

この期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

スパイスの小瓶、買ったものの賞味期限が切れていたということがはありませんか?

乾燥している場合、期限が過ぎてもすぐに腐ったり、カビが生えたりというとこは少ないと思います。

期限が過ぎると香りが弱くなったり、色が薄くなったり出荷したときの品質とは違うけれど、

食べられることはよくあります。

                            

二つの期限の違いを知って、無駄なく、賢く消費できるようになりたいですね。